良いパピヨンのブリーダーを見極めよう

飼い方に気を付けたいパピヨン
これからパピヨンを迎え入れようと思った場合にあげられる一つの手段として、ブリーダーに依頼する方法が挙げられます。

とはいえかなりの数があり、どこで購入すればよいのか迷うという人も多いものです。
近年ではインターネットで情報を発信するケースも多い為、検索して実際にホームページを見てみるのも一つの手段と言えるでしょう。

ホームページで情報を集める

見極め方としては、まず最初に健康面に注意しているかどうかが挙げられます。
健康面に配慮されているところで育てられていれば、遺伝疾患などを持っている子は生まれないようにとしっかりと配慮されているものです。

出産後の管理も経験が豊富であれば、子犬の健康についてしっかりと管理し、また母乳を飲んで元気に過ごせるような環境がなされています。

衛生面でも清潔な状況で生活できていれば、お腹に寄生虫が発生することもなく、食事面でも乳歯が生え始めるが適切な離乳食が与えられます。
生まれてから一定期間は母親の下で兄弟たちと一緒に過ごすことが、犬の一生の中でも社会化期と言われる大切な時間にあたります。

親や兄弟たちと一緒に社会化期を過ごさせて希望者に子犬を譲渡する点も一つの特徴と言えるでしょう。

実績豊富な夢日記の特徴を見てみよう

パピヨンを迎え入れたいのであれば、一つの手段にあげられることとして、パピヨン専門ブリーダーの夢日記が挙げられます。
パピヨンを専門としているので、確かな実績があることは証明されています。

子犬の写真も豊富で見やすく、血統情報や特徴なども詳しく掲載されています。
出産情報もマメに更新しており、のびのびと育てられている環境を見ることができるでしょう。
親犬の情報や健康管理もしっかりしているため安心です。

パピヨンの子犬の健康管理

夢日記のパピヨンの子供達は、成長した後は、短く非常に詰まった綺麗な体をしています。
大きくなることのないように心がけられ、成犬時のサイズが2から3キロほどの間のコンパクトサイズで、
小さすぎず、また大きすぎることもなく育てやすいサイズといえます。

顔立ちも大人になってからも童顔で可愛らしい顔になるようにと配慮されています。
このような子になるように丁寧に気をつけながら繁殖が心がけられています。

毎年多くの子犬を顧客に譲る確かな実績があり、実際にここから旅立った子犬達は、
素晴らしい成犬に成長したと喜びの声が多く聞かれます。

見学も随時行うことができ、実際にその目で見て触れあって確かめてみましょう。
親はもちろんのこと兄弟達も合わせてみることができるので、きっと素敵な子が見つかることでしょう。

 

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境  動物愛護法  病気対策  教わる  理解し合う  飼育環境 血統書の発行を行っている団体 日本はシングルコートのパピヨンが多い パピヨン自体を理解する 遊んでくれる人をより近しい存在と考えるパピヨン パピヨン飼い方に関する内容 パピヨンの様な小型犬 優良なブリーダーの心掛け パピヨンの血統 ホーム