パピヨンを飼いたいなら

飼い方に気を付けたいパピヨン
蝶のように大きく広がった耳や優雅に歩く姿が魅力のパピヨンは、非常に賢いという特徴や明るく活発な性格をしていることから人気の犬種のひとつとなっていますが、パピヨンを飼いたいと希望しているなら専門ブリーダーから購入することをおすすめします。

専門のブリーダーであれば、子犬だけでなく親犬の情報や、親犬からの遺伝性疾患の有無などについて確認することができますし、中間業者を介さないため適正価格で購入することが可能です。

また、生活環境を実際に見ることができるというメリットもありますが、どこから購入すべきか迷った場合は「夢日記」がおすすめです。

こちらは、茨城県小美玉市の自然豊かな場所に犬舎を構えているパピヨン専門のブリーダーで、様々な国のチャンピオンの血統を入れながら、模様・顔つき・目のかわいさなどにこだわってブリードしているという特徴があります。

大事に育てるパピヨン

また、こちらでは親犬はもちろん、親戚犬・兄弟犬たちも見ることができるので、成長後のサイズや性格などを予想するのが容易です。
加えて、初めて飼う方という場合でも、しつけの方法や注意点などについて丁寧かつ親切に教えてもらうこともできるので、
興味がある場合はまず公式サイトへとアクセスしてみると良いでしょう。

パピヨンの血統について

夢日記では、優れた血統のパピヨンをブリードしていますが、パピヨンには北欧系やイギリス系といった様々な系統があります。
同じパピヨンでも系統によって特徴が異なるのですが、系統によって生じる最大の違いは被毛の構造です。

犬の被毛の構造は、大きくダブルコートかシングルコートの2種類に分けられます。
ダブルコートとは、固く長めのオーバーコート(上毛)と柔らかく短めのアンダーコート(下毛)の二重構造となっている被毛のことで、
基本的に寒い地域が原産の犬種の被毛はこの構造となっています。 パピヨンの先祖

一方の、シングルコートとは、アンダーコートがない構造となっている被毛のことを指します。
一般的に、パピヨンはシングルコートの犬種に分類されますが、これはイギリス系のパピヨンで、
寒い地方で飼育されていた北欧系はダブルコートです。

ダブルコートの犬種は、春から夏にかけての換毛期に大量の毛が抜け落ちるので、
この時期はブラッシングをこまめに行うことが大切です。

ブラッシングを怠った場合、部屋が毛だらけになるばかりか、皮膚が不衛生な状態になったり蒸れたりして
皮膚病などのリスクが高まるので、特に換毛期は頻繁なブラッシングを心がけましょう。

 

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境  動物愛護法  病気対策  教わる  理解し合う  飼育環境 血統書の発行を行っている団体 日本はシングルコートのパピヨンが多い パピヨン自体を理解する 遊んでくれる人をより近しい存在と考えるパピヨン パピヨン飼い方に関する内容 パピヨンの様な小型犬 優良なブリーダーの心掛け パピヨンの血統 ホーム