犬や猫の毛のお手入れ

飼い方に気を付けたいパピヨン
動物にも様々な種類がありますが、毛の生え方などは犬種によっても違ってきます。

毛に関して言えばシングルコートやダブルコートの犬がいますので、
毛の抜け具合が変わるだけではなく、お手入れの方法にも
違いがあると言えるでしょう。

毛の手入れ

パピヨンなどに関して言うと、日本で飼われているのはシングルコートが
多いですが、中にはスウェーデンや北欧で変われている犬は
ダブルコートが多くなっています。

この違いによって体温調整のしやすさも変わってくるようになります。
寒い地域などになると体温調節も重要になってきますので、
寒い地域で飼われている犬はダブルタイプが主流になっているのです。

パピヨンを飼おうと考えるのであれば、毎日出来るだけ毛の手入れを怠らないようにしなくてはなりません。
毛のお手入れをしていない場合、毛玉がすぐに出来てしまいますし、臭いが発生してしまう事もあるからです。

犬の臭いが酷い場合には、家中が臭く感じてもいけませんので、来客があった時にはすぐに犬がいる事がわかるほどになります。
毎日一緒に暮らしている家族は気づかなかったとしても、他人からしてみると臭いが気になって
仕方なくなってもいけませんので、気をつけてお手入れをする事が大事です。

シングルにしてもダブルにしても、出来るだけ毎日手入れをする必要がありますが、どんなお手入れ方法をすればいいのでしょうか。

シングルの場合は、毛をかき分けてみるとわかりますが、すぐに地肌が見える状態になっています。
この状態でスリッカーブラシを使用してしまうと、肌を傷つけてしまう事になりますので使用しないようにしなくてはなりません。

使用するのはコームなどで行うようにし、出来るだけ地肌を傷つけないように使用する事です。
優しくブラッシングをする事によって、肌を傷つける事もありませんし毛を傷める事もなくなります。

少しの間でも手入れを怠ってしまうと、すぐにもつれてくるので気をつける事です。

注意点

 

予防  しつけ教室 清潔  飼い方  健康面  発情  環境  動物愛護法  病気対策  教わる